もしかしたら不健康なのはタバコのせい?

タバコと不眠の非常に大きな関係


タバコには、人間の深い睡眠を阻害する作用があるんですね。
よくストレスを感じるといつも以上にタバコを吸い続けてしまうですが、
実はそのタバコのせいで人間の活力である睡眠を阻害するんです。

ちょっと気になったので、タバコと睡眠の質、そして不眠に関して調べてみました。

はじめに、タバコが不眠に非常に大きな関係があります。
実は、喫煙者の不眠症になる確率は、非喫煙者の4~5倍に達します。

タバコを吸うことによって、脳に必要な為の深い眠りの時間を阻害して、
浅い眠りのままの時間を長くしてしまうことが研究でわかってきました。



その原理は、タバコに入っているニコチンが大きな原因になります。
タバコに入っているニコチンは血管の収縮を起こします。
血管の収縮は、実は睡眠時における血管の拡張の逆の効果を起こすことが知られています。
つまり、リラックスしたいのに、血圧が上昇してしまうのです。
人間の血圧が上昇する時は活発に活動するときに起きます。
具体的には、鼓動が早くなって体の機能が無理に活性化される状態になるのです。
その結果、無理に体が覚醒していまい体が寝付かなくなってしまいます。

ニコチンは更に厄介で、この機能を数分の間に起こしてしまうのです。
また、アドレナリンの機能によって起こされた体が落ち着くには、
その数十倍の時間がかかることが知られています。
ですから、睡眠前のタバコなんて睡眠の妨害にしかならないのです。
また、ニコチンはコーヒーに含まれていくるカフェインに比べて
数十倍以上の覚醒効果があります。

その効果が、人間の体調管理に深く影響をおよぼすことから
スポーツドリンクにニコチンが入っていないのはそのためなんですね。
タバコの恐ろしいところは、ニコチンの害だけではありません。
ニコチンの害だけでは無くて、ビタミンCと言った疲労解消物質まで
破壊することが知られています。
ですから同じ睡眠を取っていても、非喫煙者に比べて体がだるいといった
症状が消えないのは、実は喫煙が大きな原因なのです。